記事タイトルの例をどう活かす?魅力的なタイトル文を作るコツ

記事タイトルの付け方によって、ユーザーに検索されるか否かが決まります。でも、いざ自分で記事タイトルを付けるとなると難しいですよね…。

「タイトルを付けても、インパクトに欠ける…代り映えしないなぁ…」とお悩みではありませんか?本記事では、魅力的な記事タイトルを付ける練習法やコツなどをご紹介します。

ぜひ参考にして、ブログやアフィリエイトで結果を出せるタイトルを付けましょう!

記事タイトルを付ける力を鍛える方法

「困っている人・悩んでいる人の助けになりたい」「アフィリエイト収益をアップさせたい」。目標は違っても「多くの人に読まれる記事でなければ達成できない」という点は共通しています。

これから、魅力的なタイトルを付ける練習方法をご紹介します。今すぐに始められることばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

多くの既存記事を見る

何も無いところから特別な言葉を生み出すのは難しいもの。自分が書きたいテーマで検索して、他の人が書いたweb記事のタイトルを参考にしましょう。

  • 「いいな!」と思う表現やワードをメモする

「思いついたこと」や「いいな」と感じたワード・表現はどんどんメモしてボキャブラリーのストックを増やしていきましょう。

でも、メモしたものをそのままタイトルに使うのはNGですよ。既存記事タイトルのコピーではオリジナリティがなく、よく耳にするありきたりな言葉では魅力がありません。

メモした表現やワードよりも「もっと人目を引く言い回し」「インパクトがある響き」がないかを考えてくださいね。

思い付いたことは、どんどんメモしましょう。書き溜めたノートはあなたの財産になるはずです。

  • どのようなタイトルがGoogle(グーグル)に認められるのかを研究する

上位表示の記事タイトル文と下位表示の記事タイトル文の違いから、Google(グーグル)に評価された理由を考えてみてください。(同じような記事内容でも検索エンジン順位が違います)

キャッチコピーに敏感になる

書店などに足を運んで、本の帯やポスター・雑誌などを見るのもおすすめ。普段聞き流しているテレビコマーシャルにも耳を傾けてください。

私達の生活に溢れている言葉やキャッチコピー、スルーするのは勿体ないです!日頃からアンテナを張り、メモする習慣を付けると良いですね。

少し意識を変えてWeb記事を見たり、普段の日本語に目を向け耳を傾けて生活するだけで、記事タイトル付けがグッと上達しますよ。

記事タイトルを付けるコツ&具体例

検索1位を目指したいですし、ユーザーのお役に立ちたいですよね。見たい!知りたい!と興味を持ってもらえるタイトルを付けるには、ネーミングのセンスよりもコツが必要です。

短いタイトル文で説得力や魅力を出す基本のテクニックの具体例をさっそく見ていきましょう。

興味をひく表現

「ありがちだな~」と感じたら、興味をひく表現を使ってユーザーを引き寄せましょう。損する、取り残される、秘密を覗きたい…。危機感や焦燥感、興味をうまくあおる表現を使うと効果的です。

  • 〇〇の秘訣
  • 無料で〇〇
  • 新常識!?
  • 知らなきゃ損!
  • 実録!
  • 究極の〇〇
  • 簡単なのに〇〇
  • これをやめるだけ!
  • まさかあの人が!?
  • 秘密教えます!

など。

<タイトル例>

  • ガッツリ稼げる〇〇の秘密教えます
  • まさかあの女優が〇〇だった!?

心に訴える表現を一言付け足すだけで、今すぐ読みたい&知りたくなる記事タイトルになります。

数字を含める

タイトルに数字を入れるだけで、グッと具体性やインパクトが増し、伝わりやすくなります。書籍や広告などのタイトルも、数字が入っているだけで「売り上げがアップ」するそうです。

  • たった1日で〇〇
  • ブロガーに役立つ〇〇5選
  • 2ステップだけで〇〇
  • 〇〇の3つのコツ
  • 500円で〇〇
  • 〇〇3社を徹底比較

など。

<タイトル例>

  • 簡単!たったの2ステップで〇〇になれる
  • 知らなきゃ損!話題の〇〇5選

「簡単さ」「情報量」がタイトルを一目見るだけで伝わりますね。また、信憑性もグッと高くなります。

ターゲットを入れる

ターゲットを明確にすることで、誰のための記事なのか?が一目で分かります。「自分ごと」なので興味を惹き付けます。

  • 初心者(上級者)必見!
  • 新米主婦に役立つ
  • Webライティングで副業したい方向け
  • 新社会人

など。

<タイトル例>

  • Webライティングの初心者必見!〇〇を徹底比較
  • 1人暮らしの学生おすすめ!〇〇秘訣は〇〇

ターゲットが入っていると、数ある記事の中で「私向けの記事だ!」と見付けやすいですね。

5感を刺激する表現

人間のセンサーである、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚を刺激するテクニック。光景や様子などがダイレクトに伝わり、記憶に残りやすいタイトルになりますよ。

  • ガッツリ
  • ワクワク
  • パンパン
  • クスッと
  • ジュワッ
  • ジューシー
  • シルクのような

など。

<タイトル例>

  • クスッと笑える〇〇30連発
  • ジュワッと肉汁の洪水!10分で作れる簡単〇〇3選

つい想像してしまい、お肉好きならヨダレが出そうなタイトルです。「10分で簡単に作れるの!?」興味がわき、読みたくなりますよね。

記事タイトルを工夫した効果

多くのユーザーは、記事タイトルで読むか読まないかを決めています。中身は同じでも、タイトル1つでサイトのアクセス数が変わってくるのです。

タイトルは記事の顔。上手に付けることができれば、アクセス数が十倍も二十倍もアップしますよ。

多くの人に読んでもらえれば、サイトやブログのファンも増えますし、アフィリエイト収益なども増加します。なにより、自分が書いた記事がたくさんの人の役に立つのは嬉しいですよね。

記事タイトルでお悩みの方はぜひ、ブログタイトルの付け方にはコツがある!検索で目立たせるテクニックも参考にしてみてください。

記事タイトルに労力を注ぎ込もう

記事タイトル付けの練習法や基本のテクニックなどをご紹介しました。ブログなどのweb記事がクリックされるかされないか?その鍵を握るのは記事タイトルです。

とことんこだわって魅力的なタイトルになるよう工夫してください。

タイトルに労力を注ぎ込めば、アクセス数・ブログファン・アフィリエイトの収益がアップすることでしょう。